2011年04月25日

ヒゲ永久脱毛とは

ヒゲ永久脱毛という言葉はよく耳にしますが、ヒゲ永久脱毛をすれば、本当に一生ヒゲは生えてこないのでしょうか?

これは、ヒゲ永久脱毛をしようとする人が1度は持つ疑問ではないでしょうか?

 

毛には毛周期というサイクルがあります。

従って、一旦脱毛が完了したかに見えてもまた生えてきてしまうこともあります。

ヒゲ永久脱毛が完了したかどうかを確認するには、長い年月が必要となります。

 

そこで、米国電気脱毛協会は「脱毛が終了して1ヵ月後の時点で毛の再生率が20%以下である場合を永久脱毛とする」と定義しています。

 

また、1998Dierickxらによって「永久減毛(Permanent Hair Reduction)という新しい永久脱毛の考え方が提唱されました。

これは、脱毛施術後に体の各部位における毛周期を超える期間で、終毛の数が明らかに減少している状態が持続することという概念です。

ヒゲ永久脱毛を医学的見地から見た場合の考え方として、現在はこの概念が広く指示されています。

 

そもそもヒゲ永久脱毛とはいったいどのようなものなのでしょうか?

ヒゲ永久脱毛とは、ヒゲが発育、再生する仕組みを破壊するということなのです。

もう少し詳しく説明すると、ヒゲの発育や再生をするために必要な組織(毛母、毛乳頭、立毛筋などの組織をレーザーや電気絶縁針をつかって破壊し、永久にヒゲが生えないようにする行為なのです。

 

なお、レーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛等の科学的な方法を用いて組織を壊死させる行為は医療行為となりますので、医師もしくは医師管理下の看護師が行います。

【関連する記事】
posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:24| ヒゲ永久脱毛をする前の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ヒゲ永久脱毛の手段

ヒゲ永久脱毛には大きく分けて主に3種類の脱毛方法があります。

 

レーザー脱毛:

レーザー脱毛に利用されるレーザー光はメラニン色素に反応して熱を発生させることによって毛根部(毛乳頭)を破壊しヒゲが永久に生えてこないようにするヒゲ永久脱毛方法です。レーザー脱毛は医療行為となります。

 

 

光脱毛:

光(光脱毛光)の性質を利用してヒゲ永久脱毛する方法の1つです。

光脱毛光は、ある色を感知しその部分に集中的な熱を加えて反応するという性質があります。

 

脱毛では、毛根部分にある黒い色素(メラニン)にのみ反応する光を照射することで、熱で毛根部を焼き組織を消滅させることでヒゲ永久脱毛が可能になるのです。

ちなみにフラッシュ、プラズマ、IPLなど、エステによって呼び方がかわりますが、すべて光脱毛の分類になります。

 

エステティックサロンでは現在この脱毛方法が主流です。

 

 

電気脱毛:

器具を使うヒゲ脱毛方法の中では一番歴史が古く永久性があるといわれています。

ただし11本処理を行うのでとても時間が掛かります。

 

処理方法は11本の毛穴に針を刺し、電流を流すことで、毛根(毛乳頭や毛母細胞)などの発毛に影響のある部分を破壊することによってヒゲ永久脱毛をする方法です。

 

この電気針による脱毛が登場した当初は、単に電気針を用いるだけだったため、毛根部分だけでなく皮膚まで焼いてしまい、やけどなどのトラブルがおきやすい脱毛方法でした。現在では、絶縁針という皮膚にふれる部分をコーティングした特殊な針を利用した脱毛が主流となっています。

 

日焼けや色素沈着のため、レーザーや光脱毛ができない人でも対応できます。この電気脱毛も医療行為です。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:23| ヒゲ永久脱毛をする前の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

レーザー脱毛でヒゲ永久脱毛

ヒゲ永久脱毛といえば、電気針を使った脱毛が以前は主流でしたが現在は、レーザー脱毛が一番確実で即行性があるといわれています。

レーザー脱毛は、厚生労働省から認可を受けている医療レーザー機を使用して行うヒゲ脱毛ですので、医療機関でしか行うことができません。

 

レーザー脱毛の特徴:

レーザー脱毛に使用されるレーザー光は毛根の黒いメラニン色素に反応し、毛根部分(毛母細胞等)を破壊します。

 

破壊された毛根からは二度と毛が生えてくることはありません。

これがヒゲ永久脱毛といわれる理由です。

 

痛みはほとんどなく、短く剃った後でも施術できることが特徴です。

しかし、メラニン色素への反応を利用して行う施術ですので、日に焼けた人や、メラニン色素の沈着の激しい人はレーザー脱毛を受けることができません。

 

 

施術方法:

医療レーザーは出力がとても強いため、目の保護を目的としたゴーグルをつけて照射を行います。

 

レーザーが照射される時間はほんの一瞬です。しかし、照射時間が長すぎたり出力が強すぎたりすればやけどした状態になってしまいます。

また、逆に照射時間が短すぎたり、出力が弱すぎたりすると毛根部分が破壊されず、永久性が失われます。

 

この時間と出力には医師の熟練した知識と経験が必要不可欠です。

そしてレーザー脱毛は照射と同時に冷却する必要があります。

冷却方法はレーザー装置によって異なります。

 

施術後の注意点施術後は軟膏を塗って肌を保護します。

施術直後は皮膚が赤くなる場合もありますが、通常は数日で肌の状態は元にもどります。当日からシャワーを浴びるなど普通の生活が可能なところもうれしいですね。

 

 

レーザー脱毛でヒゲ永久脱毛をする際の注意点:

レーザー脱毛中は日焼けをしないこと、毛抜きをしないことなど注意点があります。

赤みが残っているうちに日焼けをしてしまうと、その部分が永久的なしみになってしまう場合があるためです。

 

レーザー脱毛はエステ脱毛と違い、強いレーザーで処理できるので、効果が早く現れるというメリットがあります。

回数や期間は人によって異なりますが、年数回施術を行うことで、半年〜1年半ほどでヒゲ永久脱毛が完了します。

 

そして何より、医療機関で行う施術になりますから、万が一のトラブル(やけど等)があった場合の治療も医師にしてもらえるということがレーザー脱毛の最大のメリットかもしれませんね。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:21| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。