2011年04月15日

ヒゲ永久脱毛の痛み比較

ヒゲ永久脱毛の方法には、電気針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛の3つの方法があります。

 

ヒゲ永久脱毛はしたいけど、痛いのはいやというのが多くの人の考えではないでしょうか?

 

それぞれの脱毛方法にメリット・デメリットがあります。

 

まず、圧倒的に痛いといわれるのは電気針脱毛のようです。

毛穴の1本1本に針を刺し、電気を流すのですから無痛というわけにいかないことはお分かりだと思います。以前と違い皮膚表面のやけどといったトラブルはほぼなくなったとはいえ、痛みや仕上がりは施術者の技量によるところも大きいようです。

 

電気脱毛は医療機関で行いますので麻酔を利用して施術をするところもあるようですので、施術前に相談してみるのも良いと思います。

 

 

ではレーザー脱毛や光脱毛では痛みは全く感じないのでしょうか?

 

広告などでは「痛くない」と書かれている場合が多いようです。

しかし実際にはちくちく感じる人から激痛と感じる人までさまざまなようです。

 

レーザー脱毛では、特に初回に痛みを感じる人が多いようです。

レーザー出力テストをして痛みを事前に確認できる医療機関を選ぶとよいかもしれませんね。

 

光脱毛についてはレーザー脱毛よりも出力が抑えられていますので、3つの方法の中で一番痛みのない脱毛方法といえると思います。

ただし個人差があり、誰でも無痛というわけにはいかないようです。

 

例えば光はメラニン色素に反応して熱を出しますので、ヒゲが細い人や薄い人は毛が熱くなりにくく痛みもほとんどないといわれています。

ただし、このような毛質の人は脱毛効果も弱く、照射時間や出力の加減が必要になります。

 

逆にヒゲが太い人や濃い人は毛が熱くなりやすいため、痛みも強くなってしまいます。

脱毛効果は高いですがやけど等のダメージのリスクも負ってしまいます。

 

このように個々の毛質を考慮し最大のヒゲ脱毛効果を得るためには微妙な調整が必要とされますので施術者の熟練度によって大きく左右されるようです。



posted by ヒゲ永久脱毛 at 14:12| ヒゲ永久脱毛に関するその他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。