2011年04月18日

エステでヒゲ永久脱毛

ヒゲ永久脱毛をしたいと思ったときにまず一番に思い浮かぶのがエステティックサロンではないでしょうか。

 

しかしWebサイトでヒゲ永久脱毛は医療行為であり、エステティックサロンで行われる施術は「医師法違反である」との表記が目立ちます。

 

過去2回にわたって厚生労働省から出された通知を根拠になっているようです。

 

最初の通知は20005月に出された通知で要点をまとめると「医師の資格のないものがレーザー熱を毛根部分に当てて、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊することによって脱毛する行為は医師法違反である」ということでした。

 

この通知の後、レーザー脱毛はエステ脱毛から減少し、光脱毛がどんどん増えていきました。しかし、光脱毛であっても、出力の設定や肌質によってはヤケドなどのトラブルが発生します。

レーザー脱毛も光脱毛も本質的には同じですので当然といえば当然ですね。

 

そこで、厚生労働省は次の通知は200111月に再度出すことになるのです。

要約すると「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」も医師法違反であるということでした。

 

現在はこの見解が主流となっており、実際に強い光を使った施術をして逮捕される人も出ています。

 

そのため、エステティックサロンでの脱毛は、出力を抑え、毛根部を破壊しない脱毛となりますので、ヒゲ永久脱毛ではなく減毛効果が期待できるということになります。

 

ヒゲ永久脱毛をエステティックサロンでしようと思うのであれば、まず上記を理解した上で慎重にサロンを選ぶようにしましょう。



posted by ヒゲ永久脱毛 at 14:18| ヒゲ永久脱毛はどこでする? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。