2011年04月21日

電気脱毛でヒゲ永久脱毛

少し前まではヒゲ永久脱毛といえば、この電気脱毛のことでした。

もっとも古くから行われていたヒゲ永久脱毛の手段の1つです。

 

脱毛方法:

細い金属針を毛穴の11つに刺し、電気や高周波を流すことで毛根部分を破壊してヒゲが生えてこないようにします。

 

電気脱毛の種類:

「高周波法」「電気分解法」「コンビネーション法・ブレンド法」と3つのタイプがあります。

 

高周波法は1本あたりの処理時間が1秒〜3秒と短くて大丈夫ですが、毛質によっては効果が出にくい場合があるようです。

 

電気分解法は電気分解作用を利用して毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、発毛組織を処理する方法です。1本の処理に60秒〜80秒かかるためヒゲ永久脱毛に時間がかかります。

 

コンビネーション法・ブレンド法は高周波法、電気分解法を組み合わせてできた方法で、電気分解法より痛みが少なく、ヒゲ1本1本を脱毛するのではなく広範囲を一度に脱毛できます。現在の電気脱毛法の主流となっています。

 

 

電気脱毛は毛穴に直接針を入れるので、無痛というわけにはいきません。

しかし痛みの程度は個人差がありますので、我慢できる程度の人もいれば激痛を伴う人もいるようです。

 

電気脱毛の特徴は、メラニン色素の沈着が激しく脱毛できない人や産毛にも対応できるところです。

 

また、熟練した人に施術してもらえば、とてもきれいに仕上がります。本来、電気脱毛は医療行為ですので医療機関でしか行うことはできませんが、エステティックサロンで針脱毛を行っている店舗も多々あるのが現状のようです。



posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:19| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。