2011年04月24日

ヒゲ永久脱毛の手段

ヒゲ永久脱毛には大きく分けて主に3種類の脱毛方法があります。

 

レーザー脱毛:

レーザー脱毛に利用されるレーザー光はメラニン色素に反応して熱を発生させることによって毛根部(毛乳頭)を破壊しヒゲが永久に生えてこないようにするヒゲ永久脱毛方法です。レーザー脱毛は医療行為となります。

 

 

光脱毛:

光(光脱毛光)の性質を利用してヒゲ永久脱毛する方法の1つです。

光脱毛光は、ある色を感知しその部分に集中的な熱を加えて反応するという性質があります。

 

脱毛では、毛根部分にある黒い色素(メラニン)にのみ反応する光を照射することで、熱で毛根部を焼き組織を消滅させることでヒゲ永久脱毛が可能になるのです。

ちなみにフラッシュ、プラズマ、IPLなど、エステによって呼び方がかわりますが、すべて光脱毛の分類になります。

 

エステティックサロンでは現在この脱毛方法が主流です。

 

 

電気脱毛:

器具を使うヒゲ脱毛方法の中では一番歴史が古く永久性があるといわれています。

ただし11本処理を行うのでとても時間が掛かります。

 

処理方法は11本の毛穴に針を刺し、電流を流すことで、毛根(毛乳頭や毛母細胞)などの発毛に影響のある部分を破壊することによってヒゲ永久脱毛をする方法です。

 

この電気針による脱毛が登場した当初は、単に電気針を用いるだけだったため、毛根部分だけでなく皮膚まで焼いてしまい、やけどなどのトラブルがおきやすい脱毛方法でした。現在では、絶縁針という皮膚にふれる部分をコーティングした特殊な針を利用した脱毛が主流となっています。

 

日焼けや色素沈着のため、レーザーや光脱毛ができない人でも対応できます。この電気脱毛も医療行為です。



【関連する記事】
posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:23| ヒゲ永久脱毛をする前の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。