2011年04月23日

レーザー脱毛でヒゲ永久脱毛

ヒゲ永久脱毛といえば、電気針を使った脱毛が以前は主流でしたが現在は、レーザー脱毛が一番確実で即行性があるといわれています。

レーザー脱毛は、厚生労働省から認可を受けている医療レーザー機を使用して行うヒゲ脱毛ですので、医療機関でしか行うことができません。

 

レーザー脱毛の特徴:

レーザー脱毛に使用されるレーザー光は毛根の黒いメラニン色素に反応し、毛根部分(毛母細胞等)を破壊します。

 

破壊された毛根からは二度と毛が生えてくることはありません。

これがヒゲ永久脱毛といわれる理由です。

 

痛みはほとんどなく、短く剃った後でも施術できることが特徴です。

しかし、メラニン色素への反応を利用して行う施術ですので、日に焼けた人や、メラニン色素の沈着の激しい人はレーザー脱毛を受けることができません。

 

 

施術方法:

医療レーザーは出力がとても強いため、目の保護を目的としたゴーグルをつけて照射を行います。

 

レーザーが照射される時間はほんの一瞬です。しかし、照射時間が長すぎたり出力が強すぎたりすればやけどした状態になってしまいます。

また、逆に照射時間が短すぎたり、出力が弱すぎたりすると毛根部分が破壊されず、永久性が失われます。

 

この時間と出力には医師の熟練した知識と経験が必要不可欠です。

そしてレーザー脱毛は照射と同時に冷却する必要があります。

冷却方法はレーザー装置によって異なります。

 

施術後の注意点施術後は軟膏を塗って肌を保護します。

施術直後は皮膚が赤くなる場合もありますが、通常は数日で肌の状態は元にもどります。当日からシャワーを浴びるなど普通の生活が可能なところもうれしいですね。

 

 

レーザー脱毛でヒゲ永久脱毛をする際の注意点:

レーザー脱毛中は日焼けをしないこと、毛抜きをしないことなど注意点があります。

赤みが残っているうちに日焼けをしてしまうと、その部分が永久的なしみになってしまう場合があるためです。

 

レーザー脱毛はエステ脱毛と違い、強いレーザーで処理できるので、効果が早く現れるというメリットがあります。

回数や期間は人によって異なりますが、年数回施術を行うことで、半年〜1年半ほどでヒゲ永久脱毛が完了します。

 

そして何より、医療機関で行う施術になりますから、万が一のトラブル(やけど等)があった場合の治療も医師にしてもらえるということがレーザー脱毛の最大のメリットかもしれませんね。



posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:21| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

エステ脱毛でヒゲ永久脱毛

エステ脱毛とは、その名の通りエステティックサロンで行うことができるヒゲ永久脱毛です。テレビのCMやポスターなどで宣伝をみかけることも多いので、ヒゲ永久脱毛はエステティックサロンで行うものと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

エステティックサロンでは、レーザー脱毛や電気脱毛を施術することはできません。

これらは医療行為になりますので、医療機関でヒゲ永久脱毛の施術を受けなければならないからです。

 

では、エステティックサロンで施術できるヒゲ永久脱毛はどのようなものなのでしょうか?

 

 

光脱毛:

エステティックサロンの広告やクーポン雑誌などをみると「フラッシュ」「プラズマ」「IPL」などの名前を目にすることが多いと思います。名前は違いますがすべて光脱毛の種類です。

 

エステ脱毛は医療脱毛に比べてレーザーの出力を抑えて施術します。

そのためヒゲ永久脱毛が完了するまでの時間が医療脱毛よりも長くかかってしまいます。

 

医療脱毛であるレーザー脱毛が6ヶ月〜1年半ほどでヒゲ永久脱毛がほぼ完了する(個人差はあります)のに対してエステ脱毛の場合は1年程で「かなり毛が減った」と実感できる程度のようです。

 

エステ脱毛をする場合は、どのようなコースがあるかを確認することも大切です。

時間制、回数制、完全に完了するまでのコース、完了してからの保障期間など、サロンによって様々です。

 

毛周期にあったコースをきちんと説明してくれるサロンを選ぶことも大切です。

 

優良なサロンがほとんどですが、中には強引に契約を結ばせるようなところもあるようです。無理に契約させられた場合はクーリングオフという制度もあります。

トラブルに巻き込まれないよう事前の確認はしっかり行いましょう。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:20| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

電気脱毛でヒゲ永久脱毛

少し前まではヒゲ永久脱毛といえば、この電気脱毛のことでした。

もっとも古くから行われていたヒゲ永久脱毛の手段の1つです。

 

脱毛方法:

細い金属針を毛穴の11つに刺し、電気や高周波を流すことで毛根部分を破壊してヒゲが生えてこないようにします。

 

電気脱毛の種類:

「高周波法」「電気分解法」「コンビネーション法・ブレンド法」と3つのタイプがあります。

 

高周波法は1本あたりの処理時間が1秒〜3秒と短くて大丈夫ですが、毛質によっては効果が出にくい場合があるようです。

 

電気分解法は電気分解作用を利用して毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、発毛組織を処理する方法です。1本の処理に60秒〜80秒かかるためヒゲ永久脱毛に時間がかかります。

 

コンビネーション法・ブレンド法は高周波法、電気分解法を組み合わせてできた方法で、電気分解法より痛みが少なく、ヒゲ1本1本を脱毛するのではなく広範囲を一度に脱毛できます。現在の電気脱毛法の主流となっています。

 

 

電気脱毛は毛穴に直接針を入れるので、無痛というわけにはいきません。

しかし痛みの程度は個人差がありますので、我慢できる程度の人もいれば激痛を伴う人もいるようです。

 

電気脱毛の特徴は、メラニン色素の沈着が激しく脱毛できない人や産毛にも対応できるところです。

 

また、熟練した人に施術してもらえば、とてもきれいに仕上がります。本来、電気脱毛は医療行為ですので医療機関でしか行うことはできませんが、エステティックサロンで針脱毛を行っている店舗も多々あるのが現状のようです。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:19| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

絶縁針脱毛でヒゲ永久脱毛

ヒゲ永久脱毛といえば、電気(針)脱毛が主流でした。

 

しかし、初期の電気脱毛はただ針を刺して電気を流すだけのものでした。

そのため、通電した針が皮膚と接触し非常に強い痛みを感じることが多く、やけどや色素沈着も起こしやすいというデメリットがありました。

 

そのためレーザー脱毛が開発されてからはヒゲ永久脱毛といえばレーザー脱毛といわれるくらいレーザー脱毛がヒゲ永久脱毛の主流になっていったのです。

 

しかし、電気針脱毛も改良されてきました。

通電した針が皮膚にあたるという欠点を小林敏男医師らが克服した絶縁針脱毛を開発したのです。絶縁針脱毛の正式名称は、開発した医師の名前をとって「小林・山田式絶縁針脱毛法」といいます。

 

絶縁針脱毛法は、毛根部分の毛が発育する場所を電気熱で処理しますが、従来の針と違い皮膚とあたる部分を絶縁することで皮膚のやけどを防ぐことに重点を置いて開発されました。

そのため、絶縁針脱毛ではやけどなどのトラブルはほとんど起こらないようです。

 

各部位の毛質や成長期の毛根の深さにあわせて最も効果的と思われる太さと長さの針が作られました。

そのため、針の種類は約20種類になります。

 

電気脱毛には日焼けした肌など色が黒くてレーザー脱毛では脱毛できない人や脱毛しにくい場所または色の薄い産毛でも安全かつ確実に脱毛できるというメリットがあります。

 

しかし、レーザー脱毛などに比べるととても脱毛に時間が掛かるのも確かです。

 

また個人差がありますがレーザー脱毛よりも痛みを感じる場合が多いようです。

脱毛方法を選択することもきれいにヒゲ永久脱毛をするためには必要ですね。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:18| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

光脱毛でヒゲ永久脱毛

ヒゲ永久脱毛の手段の1つに光脱毛があります。

 

光脱毛とは、レーザー脱毛と仕組みは同じですが光の使い方に違いがあります。

光脱毛は光の様々な波長の中から、メラニンにのみ反応する波長にフィルターをかけて取り出します。取り出した波長だけを脱毛したい部分の毛根部に直接照射することで毛根のみを焼き組織を破壊することができるのです。

 

一度破壊した組織からは毛が生えてくることはありませんので、ヒゲ永久脱毛が可能になります。

 

また、メラニンにのみ反応する波長(黒い色に反応)は周囲の皮膚には反応しませんので、やけどや色素沈着といったトラブルをほぼ回避することができます。

 

光脱毛では痛みを感じることはほとんどありません。

照射部分が暖かく感じる程度です。

 

ただし、光脱毛の永久性については歴史が浅いことやサロンや医療機関によって施術方法が異なるため、正確なデータを把握できていないのが現状のようです。

 

光脱毛の種類IPL脱毛IPL脱毛はレーザー脱毛と同じく、光のエネルギーによって毛根を消滅させる脱毛法です。

レーザー脱毛との相違点はメラニン色素にしか反応せず、一瞬で光のONOFFを繰り返すことで皮膚表面の温度を上げずに毛根部分だけを処理することが可能な点です。

まだ表面に出ていないヒゲも処理でき、個人に合わせた波長を作ることができるので肌の弱い人も利用ができるようです。

 

フラッシュ脱毛は、現在最先端のヒゲ永久脱毛方法です。カメラのフラッシュのような光をあてて脱毛します。

メラニン色素にのみ反映し毛根部分を破壊するため肌へのダメージも痛みも少ないことが特徴です。

 

その他にもプラズマ脱毛、コスモライト脱毛などがあります。

 

光でヒゲ永久脱毛をする場合、どのくらいの期間がかかるのか、どのようなコース設定になっているかなどしっかり確認しておきましょう。

posted by ヒゲ永久脱毛 at 04:18| ヒゲ永久脱毛の手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。